早稲田メンタルクリニック院長

早稲田メンタルクリニック院長のブログです。https://wasedamental.com

情報について

 この前、ビビットという番組の冒頭10分ほど、パニック障害の説明をするためにVTR出演をしました。ビビットとはTBSの朝8時からの情報番組です。

 

 グーグルアナリティックスというアプリで、HPのアクセス数を毎日カウントしているのですが、テレビ出演後、アクセス数はほとんど伸びませんでした。普段は100人ほどのアクセスがあるのですが、だいたい10人ぐらい増えた程度で、ほとんど誤差の範囲です。

 

 テレビを見ても、検索しようとする人はほとんどいないんですね。

 

 後日、他の番組(昼のワイドショー)からも出演依頼があったのですが、診療時間と重なっていたため、断らせていただきました。

 

 そういう効果はあったかもしれませんが、一般の人に向けた広告効果はほとんどなかったようです。

 

 本当に多くの人がテレビを見なくなったんだな、と思います。

 見ていたとしても、自分に興味があるものだけだったり、つけているだけ、だったり。

 

 本も読まれなくなっているようです。出版社の売り上げは右肩下がりのようです。

 

 反対に、インターネットコンテンツはますます見られ、ゲームも流行っているそうです。ただそれらも、メガヒットというよりは、各々が好きなものを見ているだけで、「クラスのみんなが見ている番組、漫画、本」というのは本当に少ない、ごくわずかなものになってきているようです。

 

 時代の過渡期でもあるのですかね。