早稲田メンタルクリニック院長

早稲田メンタルクリニック院長のブログです。https://wasedamental.com

整形依存症


〇整形依存症とは、どういうものですか?
病名としての定義は臨床的に一般的なものではないので、整形依存症という言葉は使いません。が、おそらく整形依存とは、人生の問題を美容整形によって解決すると考え、それに頼り、自分の意志で行動決断することが困難な状態になってしまったものを指すと思われます。すなわち、度重なる手術で体調を崩したり、自分で払いきれないほどの借金を抱えたり、などご自身の社会生活に支障が出てしまっている状態のことです。

〇整形依存される方は、どういう方が多いですか?
美容整形は10年前よりも普及しており、美容整形を繰り返すからといって、それが依存行動だとは言えません。また、美容整形を繰り返される方それぞれに理由があり、すべてが病的であるとは言えないでしょう。
しかし、度重なる手術で体調を崩したり、自分で払いきれないほどの借金を抱えたり、などご自身の社会生活に支障が出てしまっている場合には、背景に精神科的な問題がある可能性を疑った方がよいと思われます。

〇原因はどのようなものがありますか?
原因は様々な可能性が考えられるため、一言で説明することは難しいです。
「美容整形をしろ!」という幻聴に支配されている場合、統合失調症を疑い、薬物治療を行います。
何度も鏡を確認してしまうなど、顔が気になって仕方がない場合は強迫性障害や集計恐怖症を疑い、薬物治療を行います。
 不安やストレスから逃れるために、美容整形にすがってしまう場合、神経症を疑い、薬物療法やカウンセリングを勧めています。
 このように一言で説明するのは難しいです。

〇危険性はどのようなものがありますか?
度重なる手術で体調を崩したり、自分で払いきれないほどの借金を抱えたり、などご自身の社会生活に支障が出てしまう危険性があります。

〇整形依存を疑った場合、どうすればよいですか?
まずは精神科もしくは心療内科に受診し、相談されるのが良いかと思われます。