早稲田メンタルクリニック院長

早稲田メンタルクリニック院長のブログです。https://wasedamental.com

まな板の上の鯉

 僕自身、色々とやっていて、あたかも主体的に動いているように見えますが、現実的には開業して間もないこともあり、日々の雑用に追われ、自宅とクリニックの往復しかしていません。

 組織から離れ、個人事業主となり、「自由だ」と思う反面、不自由さを日々感じています。

 

「まな板の上の鯉」という言葉について、ひとり反芻していたのですが、この鯉ってまな板の上ですごく跳ねてそうそうですよね。そのくせ、「好きにしやがれ」と、さも自分は無抵抗のように感じているような気がします。

 

 同じようなものとして、僕は『予定説』というキリスト教の教えが好きです。

「あらかじめ、すべて定められている」という運命論的なものなのですが、一方でどんなに自由にふるまおうとも、神様から保証されている、見守ってくれているような安心感があります。

 

 一人の人間の努力によって、運命や不幸、勝負の結果はどこまで変えられるものなのでしょう?

 様々な意見立場があると思いますが、僕の価値観としては、人間個人の力に関しては懐疑的で、とても弱いものだと思っています。

 しかし、弱さについて、ネガティブに圧倒されるのではなく、ただもう少し、自由に見ていると言いますか…

 

 まな板の上の鯉でいい、と自分を思えると、不自由な反面、とても自由な気持ちになれます。